クレンジング研究所

クレンジングの使い分け方について

普段何気なく使っているクレンジングも、使い方によっては肌を傷めてしまうことがあります。その時のメークの濃さや、肌状態に合わせて使い分けるようにしましょう。フルメークを落としたい場合は、オイルタイプやジェルタイプがお勧めです。ただし、人によっては洗浄力が強すぎて、肌にダメージを与える元になりかねませんので、そのような時はクリームかミルクを使うことをお勧めします。
特にクリームタイプやミルクタイプのクレンジングの場合は、一旦メークを落としてから、もう1度マッサージのためにつけると、肌がよりしっとりします。また肌の敏感な人は、洗い流すタイプよりも拭き取りタイプの方がお勧めです。肌にクレンジングを伸ばしてマッサージし、ぬるま湯で絞ったガーゼやコットンで、優しく拭き取るようにしましょう。この場合、顔の上半分は上から下へ、下半分は下から上へ手を動かすようにすると、汚れ落ちもよく、アンチエイジング効果もあります。
それから、最近よく見かけるシートタイプのクレンジングですが、手早くメークを落とす効果がある一方で、肌へのダメージも結構あります。防腐剤が使われていること、つい汚れのついた面で、他のメークも拭き取ることなどがその原因です。シートタイプを使う時には1度に2、3枚使用して、常にきれいな側で拭き取り、使った後は必ず洗顔するようにしましょう。

クレンジングは化粧品の中で最も重要

クレンジングとは、基礎化粧品の中では最も必要で、お金や時間をかけなければならない化粧品であるということをご存知でしたか?基礎化粧品というと、化粧水や美容液には高額な費用をかけてしまいがちですが、クレンジングはお肌をきれいにするために、とても重要な役割を果たしているのです。素肌が綺麗であればこそ、ファンデーションやメイクがナチュラルに映えてくるのです。クレンジング選びは、お化粧品の中でも一番吟味して選び、丁寧にお化粧を落として1日を終える習慣を付けましょう。クレンジングのタイプには、ふき取りシートなどもありますが、やはり、ふき取るタイプではなく、クリームやジェルなどで、擦らない様に馴染ませながら落とせるタイプのものがお勧めです。ふき取りシートは、一見とても便利なようですが、やはりその程度では毛穴に詰まってしまった一日の汚れやファンデーションの脂などは落ちるはずはありません。擦らないようにお肌になじませた後には、ぬるま湯でしつこいくらいにすすぎをすることも重要です。お風呂に入る前に馴染ませて、お風呂の湯気などで毛穴の汚れを出し切った後、お風呂場で洗い流すようにすれば、額や髪の生え際部分などの汚れもしっかり落とすことが出来るので、理想的です。

Favorite

双眼鏡 おすすめ
http://bino.hinode-opt.jp/column/erabikata.html
土地 東京
http://www.tokyo-land.com/
賃貸事務所 新宿
http://www.zero-office.biz/?post_type=fudo&city_area_id=13104
留袖 レンタル
https://kyoto-tomesode.jp/
ペット火葬 松戸
http://www.i-chiba.com/pet-cremation-visit-area/matsudo/
絵画 買取
http://www.kaigakaitori.net/
軽井沢の別荘
https://www.shinkofudousan.jp/

Last update:2016/7/12